帰ってきた?!芸夢廃人

アクセスカウンタ

zoom RSS うちの鎮守府の精鋭たち その1 軽巡洋艦:天龍

<<   作成日時 : 2013/12/15 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の記事でちょっと書いてたけど、うちの鎮守府の艦むすたちについて

史実ではどんな感じだったのか?
私自身のプレイしたうえでの印象はどうなのか?


といったことについて取りとめもなく綴ってみようかと思います。

で、記念すべき第1回は正規空母の赤城さんとか、うちに最初に来た戦艦比叡さんあたりを考えていたのですが、急遽天龍に変更しました。
理由は、このSSをご覧ください。
画像

昨日今日とプレイしたんですが、なにこの天龍ちゃん祭!?
今まで同じ艦むすがぽこじゃか出ることはありましたが、2日間でここまで集中して出るのは初めてだったので。

そんなわけで、うちの天龍ちゃん。
画像


○艦これwikiの史実と小ネタを読んだ感想
先行して開発されたものの宿命だなこれは…というのが第一声でした。
基準として作られたが故に後発で開発されていった船からは「目指せ天龍超え」といった目標にされていたのかもしれません。
Wikiを読んでみると、
完成当初は英国の同クラスの嚮導艦や偵察巡洋艦を凌ぎ、日本では前型の筑摩型防護巡洋艦(筑摩さんの先代)の2倍近い戦闘力を持っている。「フフフ…怖いか?」

どんどん後続の船たちに性能で追い越され、主力になれずに…というのは胸中いかばかりのものか…。

○うちの鎮守府の天龍さん
鎮守府着任25番目、軽巡洋艦では7番目。軽巡としての着任は14隻中7番目なので早くもなく遅くもなく。逆に言うと意識して育てようとしない限りは結構キツイタイミングでした。

なんで育てたの?という事に関しては、天龍必須の任務があること。特に「新三川戦隊出撃せよ」は6隻固定で2−3ボス撃破という任務なので育ててないと泣きを見るタイプです。

今ちょっと編成を見たんですが、重巡5隻に軽巡1隻で空母持ちとやりあえと?!
そんなわけでレベリングしてたら軽巡トップになってました。

これ以外にも「燃費が良い」という利点があり、すなわち「遠征旗艦に向いている」(燃費の悪い船で遠征に出ると最悪足が出ることになる)事にもなります。

実際遠征の旗艦も良くやってます。近代化改修も積極的にやってるので
「燃費よし」
「スペックは多少落ちてもレベルと近代化改修で補填」

という感じでプレイしていくうちに、軽巡で一番使い勝手のよい子になりました。だから前回の記事でも扱き使いと書いたわけでして。

あと、6隻1艦隊と言う事で2人1組という単位で艦隊を組む癖がついたので、相棒の龍田さんとは出撃時には大体一緒です。
参入時期の関係で下手したら埋もれかけていたかもしれないところを、軽巡レベルトップまで上り詰めたうちの天龍ちゃん。
このゲームの世界では、「まだまだ後続の船に第一線は簡単に譲らない」という意志が見えたような見えないような、そんな気がしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
うちの鎮守府の精鋭たち その1 軽巡洋艦:天龍 帰ってきた?!芸夢廃人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる