帰ってきた?!芸夢廃人

アクセスカウンタ

zoom RSS 縁は異なもの味なもの

<<   作成日時 : 2005/09/04 12:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、思うところあって召喚士を上げ始めました。
いやー、召喚士強いですねー。相手さえ選べば強い敵ですら問題なく倒せます。

うちのLS居酒屋で、召喚士をほとんどソロでレベル60まで上げたばるたるさんにいろいろアドバイスを受けて、龍王ランペールの墓からラテーヌ高原に向かってソロプレイをしてました。

アイテムもいっぱいたまったので合成上げの材料にするものと店売りにするものとに仕分けて、南サンドリア競売へ向かう時に、ふと耳にしたSayが私の足を止めました。


「すいません、どなたかこの城壁の上に行く方法を知ってる方いませんか?」


まず思った事は、ああ、始めたばっかりで町の地理がつかめてないのかな?ということでした。
サンドリアの城壁へののぼり方は、ナイトへジョブチェンジ出来るクエストを終わらせた方、もしくはウィンダスクエスト「ある愛のうた」をクリアするためにのぼる必要があります。

どちらもFF11を開始して、クエストを貪欲にこなそうとするならば、割とすぐに受けられるものです。
よって、大抵のプレイヤーさんはサンドリアの城壁の上への行き方は忘れていても、「ナイトの最終試験で行った所と」といえば、大抵は気がつくものです。


ソロプレイということもあり、別に他の人を待たせているわけでもない気ままな状況だったので、TELLで「ご案内しましょうか〜」と声をかけて見たところ。しばらくはお返事がもどってこなかったので、他の方に答えてもらえたのかなーと思いました。

そのとき私は、PTを組んで地図を開けば、すぐ入り口が分かるように城壁入り口の前にたたずんでいたのですから。
姿が見えなくて言葉だけがピンク色の文字で現れるのは、正直なれない方にして見ればショッキングな体験かもしれませんし。


まぁアレですね、見ず知らずの他人にいきなり物乞いするのは論外として、こういう「分からないから解決の方法を教えて欲しい」という意味でのSayは微笑ましいものです。
FF11が始まってそろそろ3年近く経ちますが、今このサーバーにいるハイレベルの方達もみんな、初心者から始まっていったのですから。

私もそろそろプレイをはじめて2年経ちますが、新しく始められた方にはFFはきつい部分もあるけれど、それ以上にオフラインゲームでは味わえない楽しさがあるものですので、是非ともそれを満喫してもらいたいものです。
批判めいた意見は巷でいろいろありますが、プレイする人数がいまだ多いのはやっぱり面白さがあるから続けているわけでして。
オフラインゲームで2年近く同じゲームを遊び続けるなんて事は私はありませんでしたし。


で、とりあえず、/Target プレイヤー名 でその方にカーソルを合わせてみると、鎌を背負ったヒュムさんが。
城壁の行き方は分かりましたか〜?とTELLを送ると、無事に教えていただいた模様。
ここの所前々回の砂丘の事件のこともあり、初心者には世知辛い世界になったのかと半ば思ってたのでまだまだ捨てたものではないなと一安心。


そしてそのヒュムさんより申し出が。

「もしよかったらパーティーを組みませんか?戦士一人では何かとキツくてw」

サーチしてみると、サポートジョブなしレベル8。
確かにそろそろ敵と戦うにしても一番きつくなる頃ではあります。

今でこそ、バージョンアップで「楽そうな相手だ」という強さの敵からは経験値が30〜45ポイントくらい入りますが、その修正が入ったのはフェローシップクエストが導入される直前というつい最近の出来事。

それまでは大体確実に行くなら1体の敵で経験値が10〜15くらいしか入らないので、泣きたくなる位ソロで延々と敵を倒して行く必要のあるレベル帯です。
しかもレベル8〜9は中途半端に強い段階なので、下手に強い敵を選ぶとこちらが戦闘不能になったりしてレベルを上げてるんだか下げてるんだか分からないという一番きつい時期でもあります。



かなり昔に外国人の方からも「このレベルで経験値が稼げるところを教えてくれ」という質問が来た事があります。


一般のレベル上げパーティを組むのも、白魔道士がケアル2を覚えた頃からになりますので、どうしてもレベル11くらいまではソロで上げる必要があります。

ここで慣れた人は、それならという事でお金を稼ぐためにわざと経験値を少なくくれる敵のみ選んで、敵のドロップアイテムを集めまくって競売にかけたり、クエストを行う事で後々の活動資金にしたリという発想も生まれてきますが、始めたばかりの方にそこまでの発想を求めるのは正直酷なもの。


私自身は気ままなソロプレイでしたので、パーティを組むのを拒む理由はまったくなかったので快諾して向かいました。


そこでちょっと困った事に気がつきました。
私自身6人PTで組む事が多く、フルメンバーで経験値を稼げる場所ならいくつか候補地は挙げられますが、2人とか3人と言う少人数パーティを組んだ経験はほぼ皆無に等しく、どこで戦うべきかかなりなやみました。

下手に強い敵と戦うにしてもレベル8の戦士と召喚士。敵の選択を間違えればひとたまりもありません。
とりあえず地道に経験値の入る敵をたくさん倒して数をこなして行く事で行こうと思い、以前ソロで戦ってた龍王ランペールの墓へと向かいました。

とりあえずやって見ましょうと言う事で、戦闘開始。
MP表示マクロを急いで作り、2人PTで墓をずんずんつき進む。途中のヒーリング中でいくつか雑談をしまた進む。

この人数のパーティは
デメリット:取得経験値が少ない
メリット:安全にそしてスムーズに敵を倒せる

ですね。

楽〜丁度の敵を数をこなして倒して行くにはこれほど良いものはないです。
途中クエストアイテムで使う反魂樹の根はどうすれば手に入ります?といった質問を交えていろいろと進みました。



そして墓の奥地へとさらに進み、つよの3匹編隊コウモリを相手。
とりあえず私が両手棍かまえてしばいたおかげでタゲが私に来て、ジェットストリームアタック貰って全滅というオチになりました。



こんなときまでネタ炸裂しなくてもイイノニネー(´Д⊂



「つよ」敵は3人で倒せる位の強さですと電撃本1巻でありましたが、事実でしたねー(´・ω・`)


本日であった名台詞
「いっつも3匹まとまって飛びやがって!!おまえらだんご3兄弟か!!!」

炭酸飲料が気管支に逆流して悶絶しかけました。
こういう台詞に出会えた時点でパーティ組んだ甲斐があったというものです。
是非ともそのセンスを維持したまま遊び続けられれば、楽鯖ブロガーLSに是非招待したいくらいの逸材です。



その後、赤魔道士にジョブチェンジして、レイズしに一路墓へと走り、時間も時間だったためサンドリアにもどってフレンド登録をして終了しました。


で、翌日の朝、これを書いている現在に早速ブログにコメントをいただきまして誠に有難うございます。

私信ですが
ゲットした指輪は、必ずサンドリアの競売にかけて売却するように。
調べたところ競売手数料は51ギルなので、その分の金策ならサポなし1桁レベルで十分出来るはず。

そのレベルで競売最終落札価格並の収入があれば、当分は左団扇な財政状況になるはずですから。

本当にお金をためる事に関してだけは、このゲームは地獄だぜ、フゥーハハァー。



オンラインゲームの醍醐味は、色々なプレイヤーと出会って一緒に遊ぶ事こそ一番の楽しさですので
彼にも是非その楽しさを満喫してもらいたいものです。


夏とか冬とか長期休暇や、賞与が出る時期は(うちの所の会社は賞与なんてナイヨという突っ込みはご容赦ください)オンラインゲームを始める人が非常に増える時期でもあります。
私も実際8月に回線工事を行い9月にFFを始めた口でした。

これからFFで遊び始められた皆様に、どうぞよい出会いがありますように。
そして、オンラインゲームの楽しさを是非満喫していただけますよう、切に願ってやみません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
縁は異なもの味なもの 帰ってきた?!芸夢廃人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる