帰ってきた?!芸夢廃人

アクセスカウンタ

zoom RSS 泥中の中にも宝あり

<<   作成日時 : 2005/08/19 12:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

お盆も過ぎました、夏の暑さも少しは和らぎ、こちらはすごしやすい日々になりました・
みなさま、お元気でいらっしゃいますか?

私は限界5を突破して以降、赤のレベル上げがストップしております。
というか、前衛系をやって見たいと思い立って上げたジョブで、いろいろと遊んでおりました。

その結果
戦 士13→19
シーフ16→19
モンク 9→10
狩 人 1→ 6

こんな感じで上がっております。このレベル帯、上手く立ち回れれば一日で2レベルくらいは上がってしまうのが新鮮です。


さて、私自身のヴァナでの近況報告はざっとこんな感じですが、今回は少し、今までとはちょっと方向性の異なる話題を上げさせていただきます。

お題は「外国人のプレイスタイルってどうよ?」
戦士のレベル上げをやろうと思い立つも、ログイン時間が遅かったためリーダーをやろうとしても希望者がいない日の事でした。
そこで外国の方からパーティお誘いのTELLが。

リーダー>えきどな 【パーティ】【バルクルム砂丘】と。

Tab変換使ってくれるのかー、これはなかなか有難いと思いOKの返事を出します。
いざ砂丘に着くとメンバーは既に戦闘を初めているもよう、どうやら私は補充で誘われた模様です。
どんな編成かなーとおもって、パーティ編成をチェックすると。

エル戦 猫戦(私) タル忍 猫竜 タル竜 人黒(リーダー)

……【頭】【衝撃】
人黒さんの負担が半端じゃないぞこれΣ(゜д゜|||)と思い周りを見ると…
あーー、サポーターさんでAF着た黒魔道士さんがいらっしゃいますなー。
とりあえず自分の中では割り切って参加。

パーティーメンバーの中にもしかしたら日本人が混ざってるのではないかと思い、挨拶をわざと日本時間に合わせて
【よろしくお願いします】【こんばんは】とやって見たところ、エル戦士さんと、タル竜騎士さんが日本人の模様。


さて、レベリングですが。
砂丘にて、つよ〜とてとて魚を相手に戦っておりました。
戦闘中、黒魔道士さんがストンガやブリザドを撃ちまくってタゲをとる

これはいかん!挑発してタゲを取り返さねば!!

リーダーさんからの指示で【挑発】【いりません】
いや、後衛が敵の攻撃に晒されたら挑発を持って引き剥がすことこそ、前衛の大事な役割じゃないかと…
それに、PLいてもその人のタゲとりが遅れたら、最悪あなた死ぬから。
試しに挑発を控えてみたところ、黒魔道士さん戦闘不能に。


PT中、日本語でちょっと雑談をして見たところ、戦士さん、サポートジョブをまだ持ってない模様。
その戦士さん曰く

「実はまだ、連携したことないんですよね」

私自身、砂丘時代はWS単発で撃ってた時代でしたから、そんなこともあるだろうと思い、軽い気分でちょっとその戦士さんに質問して見ました。

「今まであなたが組んできたPTって、みんなこんな感じでPT以外の人からケアル貰ってたりする感じでやってたんですか?」








「はい」




戦士さんの答えに、再び【頭】【衝撃】

砂丘っていうのは稼いだ経験値効率云々よりも、初心者がPT戦闘における各ジョブの戦術を学ぶところ、いわば、PT戦闘のチュートリアルモード的な場所じゃなくなったのかΣ(゜д゜|||)


本気でショックを受けました、今まで匿名掲示板で見てきた
「砂丘はもはや戦術を学べる場所ではない」
とか
「砂丘やクフィムで戦術を学ばない新規プレイヤーが多く、レベル30で連携の出来ない前衛、マジックバーストの出来ない黒魔道士がいる」

とかいう話は、「そんなこともあるんだー」とどこか他人事のように聞いていましたが、まさか本当に身をもって体験するとは思いませんでした。


これはいかんという事で、戦士のお勧め武器を紹介
とりあえず片手剣を持っていれば、連携するには困らないこと、また、出来れば斧は片手斧ではなく、両手斧が戦士はもっとも適している武器である事。

連携をした事がないということだったので、私の武器を両手斧から片手剣に持ち変えて、
レイジングアクス>レッドロータス、の溶解連携の練習。

「連携出来ました!」

というログをみて、「そうだよねー前衛ジョブで連携出来た時って嬉しくなるよねー」という気持ちに


とりあえず、マクロの組み方はご存知だったようでして。
連携を撃つときは、連携に加わる人同士でTPの報告をしあうこと、<TP>で現在のTPが表示されるので
/p 連携順番 ウェポンスキル名 <TP> という感じでマクロを組んでみてください、とアドバイス。

あとは、挑発をする時はどういう時かを軽く伝えた頃には、PTメンバーのレベルが18〜19に。


これ以降のPTにについて、リーダーから話がありました。
すべて英語です。TAB変換は一切使っておりません。
細かいニュアンスまでは分からないが、どうやら、このままクフィムまで歩いていく模様…
まぁーPL担当の人が居るから安心だぜHeheheというんでしょうなー。
と思っていたら、戦士さんの名前がPTメンバー一覧から消えており、名前も同じPTメンバーである水色から白文字へ。

慌ててログを読み直すものの、狩り場はクフィムに変更するとしか、私の英語力では理解出来ませんでした。
リーダー、どうやらこれ以降は戦士さんは御役御免という事でキックした模様。



ちょっとまて、用がなくなったからキックって理屈かよ!



あの初心者さんがどれだけリーダーの英語を理解出来ていたかは分かりません。
分かっていて、甘んじてキックされたのならば、私がこうして苛立って居るのはお門違いです。
英語圏の人間と日本語圏の人間を交えてPTをする以上、Tab変換を使うなりして最低限の意思疎通をする事は大切だとおもいます。


わたしは卑怯者です。


このとき、戦士さんをキックした事について、リーダーに対しなぜ彼をキックしたのかと問い詰めるべきでした。
それをしなかった以上、上記で述べていたご高説も所詮はただのおためごかしです。


しかし、私は何も言いませんでした、無言の抗議代わりとして、
【クフィム島】【集合してください】

と英語圏の人の竜騎士にいわれたとき、PTを抜けてきました。

これ以上彼らとともにPTを組むのは堪えられませんでした。


暗澹とした中、せめてもの救いは、その戦士さんからフレンド登録をしてもらった事です。
ネットゲームにおいて、一番得がたい物は、高額なレアアイテム、高性能の武器防具ではなく、
ともに遊べるプレイヤーこそ、何よりも得がたいものだと思っております。

せめて、その戦士さんが、これから遊ぶヴァナの世界で楽しい事を見つけてくれるよう、また、楽しい遊び仲間達とめぐり合えるよう切に願っております。


文中、頭に血がのぼって見苦しいところがありましたが、ここまで読んでいただいた方、ありがとうございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。核弾頭ブログのしのしのです。
読んでいてとても共感しました。
ともに頭に血が上りましたYO!

私もトラウマがあってタトさんと組むのは苦手です。
理解できないですね。やっぱり。
しのしの
2005/08/21 10:15
そこまでひどい状態になっているとは・・・

Eさんでもいろんな方がいますので、なんともいえませんが、私の場合最初に組んだEさんの印象がとてもよかったため、今でも頻繁にEさんPTに入る事があります。(はずれも多いですが・・・)

例えば、狩場で希望を出して待つスタイルは、とても効率いいのではないかと思ってみたり、補充補充を繰り返し、自分の稼ぎたい経験値を稼いだらとっとと抜けるのも有りだと思います。自分もそれで良いという判断ですから。

しかし今回のケースは、我々の常識を逸脱してますね・・・

文化の違い?

もしそうだとするなら、これ以上Eさんと混在の鯖運営は無理でしょうね。インフレなんかよりとてもとても大きな問題だと感じます。

長文・乱文お許しください。
Garoudo
2005/08/21 12:58
●しのしのさん
はじめまして、ご来訪ありがとうございます。
NAプレイヤーにぜひ分かってもらいたい事はひとつ

「画面の向こうのキャラクターは、あなたと同じ人間が操作しているのです」

これに尽きますね。


●ガロードさん
人の出会いは運に左右されるところが大きいですから、NAの人達といい出会いをされてきたガロードさんが羨ましかったりします。

外国人の第一印象については、LS居酒屋のあるメンバーの引退式に割り込んできて
「お金クレクレ、装備クレクレ、あなた達高レベルプレイヤーは俺達初心者に、装備やお金を恵んでくれるもんだろぉぉぉぉ!!」
と駄々をこねられたのが私の最初にであった外国人でした。

悪い人ばかりじゃないとは、わかってはいるのですけどね、過去の経験が恵まれなかっただけについつい色眼鏡で見てしまうのです。
えきどな
2005/08/24 19:31
私は英語PTによく行ってしまいますー。
まったくといっていいほど英語ちんぷんかんぷんなんですが
興味あります状態なのと誘われるとついOKしてしまう癖で。。
ところがこのところあまりにも痛い目にあってたので
さすがに遠慮させてもらってます。
おもしろい人もいっぱいいるんですけど、
レベルアップにすごい時間がかかりそうな彼ら。
ある意味尊敬します。
日本人のみのPTにいて、今日限界1が終わりました。
やったー。
ぱとりす
2005/08/26 06:49
初心者さんの純粋な言葉を聞くと、始めたころの事を思い出してしまいます。

私も結構英語PTいきますねー。
そしてもういかねーと思いつつまた行ってしまう・・。
彼らの発想はとても面白いのですが、ちょっとついていけない事もしばしばですw
NAのフレが二人ほどいるのですが、やっぱりそういう私でも色眼鏡で見ちゃう事ありますよー。
歴史から文化、言葉までほんとに違う「異国」の方々と付き合うのは難しいですねー。
「外人だから」とPTの誘いのテルを無視するような日本人がいるのも事実。彼らだけでなく、日本人も画面の向こうには人がいるって事をわかって欲しいものです。

りーべる
2005/08/27 05:51
こんにちは〜。先日ブロガーLSでご一緒させていただきました、ガラムです。
っと、ちょっと記事を読んで驚いています。だいぶ時代が動いてるんですなあ…。
俺は極力NAさんとのPTは避けてしまうんですが、それもやはりあまりいい思いをした事が無いからで…。
その分心優しい人に出会えたりすると喜びも大きいんですけどね。
それにしても、後々まで長い付き合いになる仲間と出会える場であったはずの砂丘がこんな事になっているとは…。
新人さんがジュノに到着するまでに辞めてしまわなければいいな、と思う今日この頃です。
まげ
2005/08/29 10:56
●ぱとりすさん
NAPTは当たり外れが本当に大きいです。
私が赤50代の頃、「黒の古代MBは強力だけれども、実戦では使いどころがない」と思っていました。
そんな固定観念をふっとばしてくれたNA黒さんとであったときは
「NAもなかなかやるじゃないか/grin」と見直した事があります。

●りーべるさん
>「外人だから」とPTの誘いのテルを無視するような日本人がいるのも事実。彼らだけでなく、日本人も画面の向こうには人がいるって事をわかって欲しいものです。
確かに、相手がコンタクトを取っているのに無視してしまうのはいただけないです。
実際彼らは、「イエスかノー」のどちらかの答えのみを求めている。
だから極端な話「Yes」か「No」とだけ答えれば十分通用する。
私達生粋の日本人には、少々なれない感覚ではありますね。

※すみません、文字数制限に引っかかったので、次のコメントに続きます。
えきどな
2005/09/03 20:45
●まげさん
>俺は極力NAさんとのPTは避けてしまうんですが、それもやはりあまりいい思いをした事が無いからで…。
彼らは彼らの理論で動いてますが、それが非常に日本人から見たら自分本位もはなはだしすぎる物であり、我慢ならなく映ってしまうことがあります。
スクウェアエニックスに対する、言語別のサーバー設置を願うという声がいまだあがっているのもそういった外国人達に対しての不満の顕れだと思います。
えきどな
2005/09/03 20:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
泥中の中にも宝あり 帰ってきた?!芸夢廃人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる