帰ってきた?!芸夢廃人

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝説の居合い斬り、伝説のスピンスラッシュ、そして伝説の真空飛び膝蹴り

<<   作成日時 : 2005/05/27 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、応龍撃破の次に控えるは、プロマシアミッション第4章第3節「礼拝の意味」
このミッションの目的は礼拝堂に行き、男神プロマシアの像のもとへプリッシュを案内することです。

と言うことでその手順として
1,Fomor族を倒して珊瑚のカギを2つ手に入れること
2,道中の安全を確保するために視線を解除しておくこと
3,コース族のNM、Keremetを倒し、海獅子のカギを手に入れること
4,2本の鍵を使う扉を開けて、抜けた先の西にある宝物庫の扉を調べイベントを見る。(全員見ること)
5,???を調べてOld Professor MariselleをPOPさせ倒し、全員で???を調べて、礼拝堂宝物庫の鍵を手に入れる。
6,宝物庫の扉を調べてイベントが発生しクリア。

メンバーは応龍戦で参加したメンバーに、さらなる参加希望者を加えて礼拝堂に突入しました。
なお、礼拝堂の特徴として、「ヴァナ時間で0時をすぎると礼拝堂の構造が変わる」というやっかいな仕掛けになってます。


これがあとあと私たちの足封じになってきました。が、それは後で述べます。


水道サブリガツアーでもありましたが、なかなかアイテムが出てこないと言う状況でして、ひたすらFomorを狩り続けてやっと珊瑚のカギゲット。

その後Fomorの視線外しに移りましたが、ここで各人視線を外すために倒すべき獣人の量がばらつきがありまして思わぬ時間がかかりました。
延々獣人を狩り、全員の視線が解除された時点で23時30分、続けるか翌日に回すか悩んだ結果、「続けてみよう」と全員で礼拝堂に挑みます。


しかし、参加メンバー全員はカギ取得と視線解除でかなり疲労していたのか、Keremetのいるホールに向かうまでに出てくる骨や幽霊に絡まれてしまう事態が発生。
地図も変わってしまい、進行方向は南東と分かってはいるものの、かなりの手間取りました。
ここで5,6回くらい突入して、ほぼ同じところで骨に絡まれる事態が発生してしまい、ロスタイムに。

絡まれる→戦闘→HPが減る→「HPの赤い奴がいるのはココデスカ?」と幽霊や骨が参戦→泥沼の乱戦状態

全員明日こそ再起を決意し、ログアウトしました。



そして翌日、リーダーさんにTellを送りパーティに入れてもらいました。
すると12人の大所帯。
これならコース戦もその後の幽霊戦も余裕を持って進められそうです。
礼拝堂に着くと……………

12人中7人がエルヴァーンというのは想定外

そして、コース族との戦闘ですが、かなり広めのホールで中央に演説台がありそこにコースNMがいるという構図。
そしてその周囲をぐるりと取り囲んで戦闘開始の合図を待つPTメンバー。

特にトラブル等もなく、無事に撃破。
そしてその後、礼拝堂の宝物庫のカギを手に入れるためにゴースト族のNMと戦闘。
なお、このゴースト族のNMがわく部屋には大量のFomorがいます。
よってここで視線解除をしておくことが生きてきます。

戦闘に入ったのは良いのですが、範囲睡眠、範囲呪い、範囲静寂とかなりやっかいな特殊攻撃を使い、HPを一定量減らすと部屋のどこかにワープしてくるという、鎌持った血色不良の某タルタルを思い出させるような奴でした。

範囲睡眠を防止するために毒薬を飲んで挑んだものの、効果が切れて再度服用というタイミングで範囲睡眠にかかってしまうと言う間の悪さ。
2回目の範囲睡眠を受けて以降戦闘終了まで何もできなかったというていたらく。

正直このミッション、良いところ全くなかったなぁと、悔いが残ってしまいました。


そして、イベントが進み、タブナジア地下壕に戻ります。
ここから怒濤のごとく話が急展開


デスパシエール老の本音がイヤと言うほど分かりました。


この後、ルーヴランスと合流。互いの持つ情報を交換しあい、北方の地ソ・ジヤへ。
そしてプロマシアミッション第5章「帰路を踏みしめ」に突入。

ソ・ジヤの地下には罠があり、調べるとゴーレムが出て来るもののここはレベル無制限地帯。
4人でゴーレムを屠り第4の母なるクリスタルのもとへ。







プロマシアミッション第5章から物語は一気に進み始めます。
冒頭から出てきた謎の少年の名前も、彼の出自もここで明かされます。

ここで繰り広げられるイベントは、ベンチマークテスト3で同時に配布されていたデモムービーで流れた部分が出てきます。
以下に流れるイベントでの前後の事情説明はあえてしません。
ミッションを進めてご自身の目で見られた方が良いと私の判断です。


ナグモラーダから少年を守るためにプリッシュが駆け寄り、
彼女を案じたウルミアが駆け寄るもマメットに阻まれ
テンゼンの居合い一閃、マメットは炎に包まれ
援護に入ったマメットの魔法をはたき返すルーヴランス、
残るマメットに飛び膝蹴りを食らわせるプリッシュ


虚ろなる闇に侵された第4のクリスタル
眼前に広がるは最後のプロミヴォン。



次回プロマシアミッション第5章第2節「願わくば闇よ」
レポート公開未定。


月曜日から3日間連続で応龍戦からプロミヴォン・ヴァズまでおつきあいいただいた皆さん。
ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伝説の居合い斬り、伝説のスピンスラッシュ、そして伝説の真空飛び膝蹴り 帰ってきた?!芸夢廃人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる